topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ(イズニク)陶器における謎の生き物 その4 - 2011.12.15 Thu

しつこく第4弾です。
iznik.jpg
本日のお皿はこれ。
イズニク1560-65年作 大英博物館所蔵 Wikipediaより

nazo02.jpg
これはなんでしょう?

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ

● COMMENT ●

こんにちは。
前のと合わせてですが、
子供の描く絵のような、そんな不思議な動物が多いですねぇ~。

この絵皿も大英博物館所蔵。
素敵な絵皿は、国外に出ているんですね。
そういえば、ルーブル美術館の売店でもizuikのお皿を見ましたよ。
かなり高くて、ちょっとひきました。。。

首が長いから、麒麟?と思いましたが、後ろに羽根が・・
と、するとダチョウ?
頭の2本の突起はなんでしょう。
それにしても、恐ろしい顔の動物です。(^◇^)

akdenizさん

こんにちは。
イズニクの絵皿とかは殆どが、ルーブル博物館、大英博物館などの
海外博物館所蔵なんです。
数年前イズニクのカンディルがオークションに出品されましたが、
コチグループ落札できず、アラブのお金持ちさんに
もって行かれてしまったらしいです。
いいものは殆どトルコ国内に無くて、
本でしか見られる機会がないと言うのは残念です。
本物をじかに見てみたいのに・・・。

ルーブルで売っていたイズニクのお皿って、
トルコから買ってもって行って売ってるんでしょうか?
いくらぐらいでした?
値段に興味津々です。

boncuk*tilesさん

こんにちは。
むふふふ。。。答えは近々。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/99-1c35fb14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルーミーのお皿 デザインの課題 «  | BLOG TOP |  » トルコ(イズニク)陶器における謎の生き物 その3 の答え

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。