topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤズマについて - 2011.12.08 Thu

今日はトルコ(イズニク)陶器の動物はお休みです。

まずはトカットのヤズマ(*1)についてご紹介したいと思います。
trharita-yeni.gif
トカットはこちら。
行って見たいですが、イスタンブルからはちょっと遠いです。

ヤズマはIhlamur Ağacı(菩提樹)で版を作り、
木綿の布に型押しして作られます。
最近、イスタンブルのヤズマ アトリエでは
発泡スチロールで型を作ったりするようです。
kalip2.png
これはオリジナルの型です。
これを布に型押ししていくと・・・。
tokatyazma03.jpg
このような布になります。
素朴な感じがとても素敵です。
テーブルクロスに使われたり、薄いガーゼ状の木綿に型押しされたものは、
縁にイーネオヤがほどこされたりします。
ところが残念なことにこのヤズマ、廃れる一方のようです。
洋服のデザインなどに使用することで、
回復を狙っているようですがなかなか難しいようです。

トカット ヤズマのドキュメンタリーです。
興味のある方はどうぞご覧下さい。






次はKastamonu(カスタモヌ)のTaş basıkısıも素敵なのでどうぞ。




最後はBolu(ボル)のカヤラル バスクス


tokatyazma01.jpgtokatyazma02.jpg
型の例です。
Ağaç Baskı Tokat Yazmaları:Yrd.Doç Kemal Türker İş bankası yayınより

図柄からどこの地域の出身者か分かるそうです。
長い歴史を持つ伝統工芸です。
是非とも後継者を育てて、続けていっもらいたいものです。


*1:トカット以外の地域でもヤズマは製作されています。
  呼称としてもヤズマ、ウフラムル バスクス、タシュ バスクス、カヤラル バスクスといくつかあるようです。
お願い
本などを調べて書いていますが、間違ったところがあったらご指摘ください。

● COMMENT ●

こんばんは。
ヤズマが大好きで、
オヤよりヤズマ!!って思いながら、一時期、集めていました。
地域や時代によって、柄が違っておもしろいですよねぇ~。

昔、バスクを求めてトカットに行こう!って思ったコトがありますが、
ずいぶんと廃れてしまって、工場のほとんどが閉鎖しているって聞いてあきらめました。

カスタモヌやボルにもバスクがあるんですね。
今年の夏、近くまで行ったので、探せばよかったです。

面白い動画、ありがとうございます。
ヤズマのスカーフは持っていますが
こうやって作るとは知りませんでした。
でも、この木彫りのデザイン型は宝ですね。
デザイン帳も是非、見てみたいです。
タイルのデザインの参考になりそうだし・・・
ボルのこの大きな布は、どれくらいで売られて
いるんでしょうか?
一枚欲しいですね。
バリのバティックを思い出しました。

akdenizさん

こんにちは、
アクデニズさんそういえばヤズマ好きでしたよね。
カスタモンやボルにもあると言うことは
探せばご近所の県でもあるかもしれませんよね。
私はヤズマを持ってはいないのですが、
興味津々でして自分でテーブルクロスとかやってみたいです。

boncuk*tileさん

こんにちは。
面白いでしょう?
セルジュク朝時代から続いている伝統工芸と言うのですから、
是非ともきちんと技術継承してもらいたいものです。
ボルのおじいさんの型は200年ものとかいってますもの、
お宝ですよね。
大きいものは70TL(3000円)、
小さいものは50TL(2000円)ぐらいと言っているので、
決してたか労働力を考えたら決して高いものではないです。
私も欲しいんです、いつかキョイへ直撃購入といきたいのですが・・・。

歴史のある工芸なんですね。
日本でも伝統工芸を継ぐ人が減って
いるようで、是非継承してほしいです。
キョイへ直撃購入ですか?
私も行きたいです。(^O^)/

boncuk*tileさん

こんにちは。
本当は伝統工芸品て家庭での使用頻度が減ってしまうと、
廃れていってしまいますよね。
怖がらないで本当はどんどん使えればいいのですが、
値段が余りに高いと一般人には敷居が高い。
でも、このヤズマのテーブルクロスは値段もお手ごろなので
是非是非欲しいです。
いつか一緒に工芸オタクツアーと言うのはどうですか?

>いつか一緒に工芸オタクツアーと言うのはどうですか?
いいですね~。是非是非、お伴させてくださいませ。
ああ~トルコに帰る楽しみが、増えてきました。
次は実家をサクッとスル~して、工芸オタクツアーに
参加です。(笑)

boncuk*tileさん

こんにちは。
工芸オタクツアーは家族と行ってもつまらないので、
なかなか実現しませんの。
トルコ人の友人達もそんなに興味ないみたいなので、
只今工芸オタク仲間募集中です。v-411


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/93-990f28fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボドルムのひょうたんランプ «  | BLOG TOP |  » トルコ(イズニク)陶器における謎の生き物 その2

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。