topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルー アンド ホワイトの絵付け皿 - 2011.10.25 Tue


本日は去年作ったブルー アンド ホワイトの絵付け皿。

40cm babanakkas001

このお皿のデザインはババナッカシュ様式と呼ばれています。
私の一番のお気に入りのデザイン様式で、
欲しくて欲しくて・・・。
ただ、買おうとすると物凄く高価なので、
自分で作るという強硬手段に。

でもやはり焼き物、
一回で思うようにはいきません。
最後の透明釉薬掛けで外帯のデザインがぼやけてし
まいました。
40cm babanakkas002
写真がちょっとぼやけていますが
これは中央部分。
40cm babanakkas003
これが問題の外帯部分。
絵の具が内側へ流れてしまってボケちゃっいました

それでも、欲しくて欲しくてしょうがなかったお皿なので、
一人で眺めてニヤニヤしています

ババナッカシュ様式って何という方は、
- イスタンブル発 - トルコタイル通信のチニチニさんの書かれた
こちらを是非お読みください。

それでは、良い一日を。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ

● COMMENT ●

すごい!頑張りましたね~。穴あけ大変だったでしょう???
何度も言うようですが、何故に習いに通うのですか。。。
これだけ描けたら、もう構図の作り方とか手が覚えてると思いますよ。
オリジナル、描けちゃいますよ。

ほんと!すごいの一言です!

いやほんと、私は素人ですが、
これで生徒さんとして習いに行ってるなら、
先生はどんなにすごいのだろう~と思ってしまいますv-520

うわ~凄いです。
本当に、習いに行かなくてもウスタとして
オリジナル作れますよ!
この穴あけ、大変だったでしょうね。
もう想像するだけで、手がしびれてきます。
穴あけの前の下絵写しだって、かなりの時間が
かかったに違いない・・・
(と、まさに今自分がはまっている下絵&穴あけ地獄・・)
こんなに手が込んでいるのに、最後にボケちゃうと
悔しいですね。いやいや、これで本当に十分凄いです。
ハ~リカ

atelier ciniciniさん

こんばんは。
まだまだコピーものしか出来ないので・・・残念。
この前の授業でも、
ここはこうして~、ここもこうで~、
あ、こっちも駄目ね~と先生に直されて、
元のデザインは跡形も無く・・・・。v-406
先は長そうです。あはは。

穴あけはご想像のとおりです・・・。
リュステムパシャのパノの次に大変でございました。

damlaさん

こんばんは。
ありがとうございます。
そういってもらえると嬉しいです。
今年の先生はチニチニさん達の通っていた
大学の先生なんです。
授業料も無料なんですよ。
学生に戻ったみたいで楽しいです。

boncuk*tileさん

こんばんは。
オリジナルを作るには色々ルールがあって、
わたくし、その教育はまったく受けていないので、
今はオリジナルを作れるようにルールを一から習ってます。
宿題とかあって、もう一度学生気分を楽しんでいます。

このババナッカシュさんの穴あけは地獄でした。
下絵の写しも・・・。
その苦しみを分かち合えるというのは
大変嬉しいです。同士!v-218
この穴あけの苦しみはやった事がある人で無いと
分からないと思うのです。地味な作業ですよねぇ。
ひたすら、ぷちぷちぷちぷち・・・・と。

絵の具が流れちゃって残念でしたが、
それはそれで、焼き物ですものね。
そのうち、リベンジします。

ババ・ナッカシュきれー!!

マカパカさん

Teşekkürler.v-411

質問です!
細かい線とか、細い所とかは穴あけどうして
いるんですか?
あまり穴がありすぎると、線がわからなく
なってしまいませんか?

boncuk*tileさん

はい、お答えします。
このお皿は実は直径40センチの大皿。
モチーフの一つ一つ小さく見えますが、
実はそんなに小さくないので全て穴あけしました。
ただ、モチーフ内の細かい点や線は省略いたしました。

私が個人的に気をつけているのは、
必ず等間隔で余り隙間を空けず、
線の交差しているところは
必ず交差点に穴を開ける、
針(ビーズ用の針を使用)は1ミリぐらいまで刺す。
これで結構綺麗に出るので、
私は線が分からなくなったことはありません。
穴あけも人それぞれみたいなので、
とりあえず参考まで~。v-410

なるほど・・
交差点に穴をあけるというのは、重要ですね。
線が沢山重なると、どの線だかわからなくなるような
ことはないんですね。
すごい。中央の線の入り組んだところなんて
難しそうです。

boncuk*tileさん

こんにちは。
たぶんどの線だか分からなくなってしまうぐらいの
細かいデザインはあまりチニのデザインとしては
向かないということでしょうか。
このお皿は線がちゃんと出て大丈夫でした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/62-31416012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダマスカスの天使にキュタフヤの天使 «  | BLOG TOP |  » テロと地震 謹んで哀悼の意を表します。

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。