topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿虫ってなんでしょう? - 2011.10.22 Sat

本日は虫ネタです。
トルコにgeyik böceği(ゲイク ボジェーイ )というのがいます。
直訳すると鹿虫。
で、何かというと・・・

lucanusakbesianus.jpg
クワガタムシでした。
日本語ではアクベアヌスミヤマ(舌を噛みそう・・・)。
ミヤマクワガタの一種なのでしょうか。
こちらハタイで生息。
角が3つに分かれている、珍しいクワガタムシだそうです。

ついでに、外で落ちてた虫さん。
mushi001.jpg

これは・・・カナブンですか?カブトムシのメス?
なんでしょう・・・?
あ、トルコ人の方に聞いても無駄でした。
だ~れも知りません。
虫!だそうです。

子どもの頃の虫とりやカエルとり程、
楽しかったことは無かったです。
虫とりが好きな国民って日本人以外にいるんでしょうか?

では、

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ

● COMMENT ●

まったくそのとおりです。
息子達が狂喜乱舞して、köyでクワガタを
集めて回っていたら皆に冷たい視線で
「なんでそんな害虫集めてんの?」みたいに。
それにトルコのチョジュク達虫をつかめないんです。
もう大騒ぎで逃げまくる。
名前もブユジュック(ダダの虫)かカラブユジュク(黒い虫)。
カラブユジュクっていいうと、ゴキブリも同じ。
セミだって、ジルジルブユジュク。(ジルシル~って鳴く虫ってことか?)
トルコには珍しいクワガタの種類があるのに、まったく興味なし。
日本じゃこれデパートで高値で売れるんだよ!っていうと
急に食いついてくる所が、さすがトルコ商人です。
大人から子供まで、虫とり虫育てが好きな国民は日本人以外に
いるんでしょうかね。
そうそう、昨日テレビで日本人は「道」が好きだと言っていました。
華道・茶道など結果に行くまでの過程を好んで楽しむ国民だと。
虫を捕まえる過程や虫を育てる過程を、楽しんでいるのかも
しれませんね。

boncuk*tileさん

こんにちは。
なるほど~、「道」が好きというのには
納得!
外国の人から見たら、
日本人て変わってるんでしょうね。
こんなに虫好き、動物好き、習い事好きな人種は
余りいないかも?

boncuk*tile さんのキョイでは
クワガタムシがいるんですね。
まさか、この舌噛みそうな名前のクワガタですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うちのキョイでは、もっと角が小さいクワガタでした。
こんなにごっついクワガタもいるんですね。
息子が喜びそうです。それこそ、日本なら高価かも・・・!

タイムリーなことに、僕もこの間家に遊びにきた友人達に
子供の頃小さいプラスチックの水槽みたいなものに虫入れて飼ってたよ、って教えたら
「は?何で?気持ち悪い」と即否定されました(笑)

boncuk*tileさん

こんにちは。
日本で売ってるようですよ。
お子さんが遊んでいたクワガタは
http://plaza.rakuten.co.jp/Hbreedingclub/diary/200704040000/
これですか?
日本ではつがいが2万500円ぐらい売られているらしいです。
もうたかが虫とはいえませんね。
飼育している方のサイトとかもうどこの研究室ですか?
っていいたくなるぐらいです。凄い。
そして、舌を噛みそうなクワガタはもっと高そうですね。
日本人が変なのかトルコ人が変なのか
判断しかねますね~。どっちもどっち?

teppeiyamaさん

こんにちは。
何が悲しいって、
私さ~子どもの頃○○○飼ってたんだよ~。
え~凄いね。実は私もさ~○○○飼ってたんだよね~。
卵からさ~孵化させて成虫まで育てたよ~。
という会話が出来ないところにあります。
以前、
私さ~子どもの頃○○○飼ってたんだよ~。
って言って・・・
え~なにそれ?気持ち悪い~。変人~。
と玉砕されました・・・。v-406

ロボット開発とか虫の生態を参考にしているって言うのに・・・。ね?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/59-9090f04b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

卵を新鮮に保ちましょう・・・? «  | BLOG TOP |  » 本日のタイルは・・・

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。