topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イズニクへ その4 レバー屋さんタイルを衝動買い・・・  - 2011.10.18 Tue

こんにちは。
iznik001.jpg
今日はレフケ門です。
ちょっとインディアナジョーンズ風に写真を撮ったつもりなんですが・・・。
この場所は門の中のほうになります。
- イスタンブル発 - トルコタイル通信で、この門の入り口の写真と昔の絵があります。
面白いので是非ご訪問を!

場所はこちら7番です。
写真をクリックすると拡大されます。
iznik map 7

そして、最後はチニチニさんに連れて行ってもらったçiniのアトリエで、
タイルを衝動買いしてしまいました。
cigerci tile
これは昔のレバー屋(ciğerci)さんだそうです。
私は最近のモダンなキュタフヤは好きではないのですが、
これには惚れてしまいました。かわいい。
でも、レバー屋さんていったい?と疑問にもって検索すると、
オスマン朝時代のレバー屋さんの写真(絵?)をみつけました。
cigerci.jpg
どうでしょう?面白いですね。
昔はむき出しでレバーを売り歩いたのでしょうか。
お店では欲しいものが沢山あって自分を抑えるのが大変。
お小遣いをためて、少しずつ買い集めたいです。

イスタンブルは明日からは暖かくなるそうで、
今日一日の我慢。それにしても寒い~。
では、

追記:
Ciğerciってどんな職業
Batılı seyyahların en gözde seyyar satıcısı,
omuzda sırıkla dolaşan ciğerci ve paçacı.
Mahalleye ciğercinin geldiği, evin kedisinden belli olurdu.
Sokakta et satışı ender olmasına karşın,
ciğer ve paça en çok rağbet gören sakatatlardı.
Tavası, yahnisi yapılırdı. Sabit ciğercide yürek,
böbrek gibi diğer sakatat türleri de pazarlanırdı.

簡単に訳すと・・・
引き売りの肉屋は余り見かけなくとも、
ciğerci(レバー屋)とpaçacı(動物の足の肉屋)は沢山いたそうで、
家の猫で彼らが来たのがすぐ分かるらしい。
レバーだけでなくほかの臓物も売っていた。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ

● COMMENT ●

私も欲しいです

素敵なタイルをゲットされましたね☆
色使いと発色がかなり好みです。
パンツの黄色と緑のタイルを交互に並べてその中心にこれを
持って来ると素敵なウォールアートになりそうですね。

でたっ、さくらももこ風の絵付け!
このテキトーさがなんとも味がありますな。

Fさん

こんにちは。
かわいいでしょう?
他にも天使とか欲しいのが一杯あったのですが、
少しづつ集めます。

>パンツの黄色と緑のタイルを交互に並べてその中心にこれを持って来ると
そのアイデア頂きます。
このまま、額に入れてもちょっと寂しいなっと思っていました。
早速、小さいタイルで黄色と緑のタイルを作ります。
グリーの目地を入れてモザイクタイル風に仕上げてから額に入れてみます。
出来上がりはまた後日。

teppeiyamaさん

こんにちは。
ふふふ・・・知っていますよ。
鉄平さん、実はさくらももこ風は結構お好きでしょう?
日本の焼き物でもさくらももこ風
絵付けってあるんでしょうか?

うふっ。何度見ても可愛いですねっ。
それにしても、オスマン時代のジエール屋さんって、こうやって売っていたんですね。
面白い!

たしかに、さくらももこワールド。
まるこのビミョ~な時の表情に
そっくりで、かわいすぎます。
それにレバー屋なんてレアな。
私もこのタイル欲しいです。

atelier ciniciniさん

こんにちは。
可愛いですよね~。
チニチニさんの購入したのは
オスマン時代の女官さんとか?
次に行ったときは天使を買います。v-218

boncuk*tileさん

こんにちは。
確か製作者の方がレバー屋さんだから
食べないように口を描かないのよって言ってたような。
イズニクへ行くことがあったら
是非この作家さんから購入をお勧めします。
他にも素敵なものが沢山あって
目移りしちゃうかも知れませんけど。v-411


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/57-9f5b3cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日のタイルは・・・ «  | BLOG TOP |  » イズニクへ その3 動物顔の雨樋

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。