topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルサのイスケンデルケバブ - 2012.09.02 Sun

終わってしまいましたが、
砂糖祭おめでとうございます。
(一体いつのお話でしょう・・・。)

砂糖祭は恒例親戚周りで
イスタンブルを出て
アルトゥノルク(altınoluk)へ行って参りました。
アルトゥノルクは
トルコで一番空気の酸素含有量が多いところだそうで、
喘息もちにはとてもよいとされる場所です。
海水浴が出来ますが、
カズダーと呼ばれる山の水が
海底から沸いている為に
水は大変冷たく、私は5分といられないくらいです。

なんといっても親戚周り、
(地獄の)食っちゃお喋りであっという間に3日が終了。
泳ごうと思って水着を持っていったんですけどねぇ・・・残念。

eskihisar001.jpg
行きはゲブゼのエスキヒサールから

yalova001.jpg
車両用フェリーでヤロヴァへ。
ヤロヴァからブルサ、バルケシルを経てアルトゥノルクへ。

今回の個人的目的はブルサへ行くといつも食べる
本場のイスケンデル ケバブを食べること。
イスケンデル ケバブの発祥の地はブルサなんです。

行きには時間があわなかったので
食べられませんでしたが
帰路でしっかり食べてきました。

brusa003.jpg
こちらがブルサへ行ったらここで食べよという
イスケンデル ケバブ屋さん。
支店も沢山出ていますが、こちらが本店
日本語サイトはこちらへ。

brusa004.jpg
こちらは入り口となります。

Kebapci-Iskender-Doner-Kebap.jpg
これがイスケンデル ケバブ。
一体何カロリーあるのか分かりませんが、
とても美味しいです。
一皿20TLと一般のイスケンデル屋さんに比べると
高額ですが、肉が違うんですね、肉が。
下にひいてあるピデもカリカリっと歯ごたえ良く。
これにはシュラというぶどうジュースと一緒に頂きます。

brusa007.jpg
こちらはお持ち帰りように売られているシュラです。
後日家で飲むとお店で飲んだものと
微妙に味が違ったような気がしました。
あ、でも美味しいんですよ。

brusa005.jpg
ついでに気になったのが
入り口に置いてある対の大きな壷。
筆遣いが何となく
メフメット コチェル氏の作品?
と思い上やら下を見ていると、
Alıtın çiniの銘はありましたが、
コチェル氏のサインは見つかりませんでした。
コチェル氏についてはアトリエ チニチニさんで。→メフメット コチェル

この壷を毎日磨いているという店員さん、
そんなところに銘があるなんて気がつかなかったよと
おっしゃってました。

対でこの大きさの壷、
幾らの価値があるんでしょう。
きっと凄い金額になることでしょう。
残念なのは両方の壷の下部に割れて
くっ付けた後があること。

話があちこちに飛んでしまいましたが、
ブルサのイスケンデル屋さんのお話でした。
ブルサへ行けれたら、
お腹をすかせて是非挑戦してみてください。


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

● COMMENT ●

こんばんは。去年、ブルサへ行ったけど、夜8時過ぎていて、
イスケンデルを食べ損ねてしまいました(・・・未だに、悔しいです)。

イスケンデルが大好きって訳じゃないけど、
本場の本店で食べる!っていうのが、ポイントなのに・・・。

アルトゥノルクの空気、どうして酸素が多いのだろう?
って、不思議に思ってしまいました。だって、陸続きの町ですよね??

おはようございます~
イスケンデル、私大好きです!
ブルサが本場でしたっけ?

確かにカロリーが気になるところです(^^;)

トルコにいるときは、仕事柄ブルサへよく行きましたので、いつもここでイスケンデルを食べてました。
ほんと、カロリーも気にせず、「おいしいおいしい」とよく食べてました。
イスケンデルにはシュラと言われますが、やっぱり日本人の私はいつもお水をオーダーしてました (笑))

わーっ、食べたくなってきたー!

ああ~イスケンデルケバブ!
私、一番好きなメニューです。
ヨーグルトとトマトソースがエキメッキに
絡む所が、大好きです。
でも、なかなか美味しいお店にお目にかからない
んですよね。
もし、ブルサに行く機会があったら是非行って
みたいです。

akdenizさん

こんにちは、 akdenizさん。
残念でしたね、次回こそは是非!!
そうそう、本場で食べるって言うのがいいのでよね。
私は20年前から通っていますが殆ど変わっていないのは凄いです。

アルトゥノルクの空気の酸素含有量は
後ろに位置するカズダーのせいだそうです。
アルプス山脈についでヨーロッパだったか
世界で2番目に酸素が多いって新聞で読みました。

ラム子さん

こんにちは、ラム子さん。
イスケンデルケバブはブルサが発祥の地ですのよ。
是非是非一度ブルサで食べてみてくださいね。

カロリーはイスケンデルとシュラで
ぶっちぎり2000カロリーは超えていそうです。v-399

damlaさん

こんにちは、damlaさん。
美味しいですよね~ブルサのイスケンデル。
私は20年前に始めていった時にシュラを飲んでから
やめられないんですよ~。
イスケンデルとシュラを頂いた時は
朝夜ご飯抜きです。v-410

boncuk*tileさん

こんにちは、boncuk*tileさん。
イスタンブルではなかなか
美味しいイスケンデルに当たりませんね。
ブルサのはお勧めです。
是非一度ブルサで召し上がってみてくださいね。
ちょっとお値段が張るのが痛いところなんですが。

先日早速、今トルコにいる相方がブルサに行って、このお店で
イスケンデルケバブを食べてきたそうです。(うらやましい・・・)
美味しかった~とで喜んでいる声に・・いいなぁ。
こればかりは、お土産には無理だし・・

boncuk*tileさん

こんにちは、 boncuk*tileさん。
相方さん、ブルサで召し上がれましたか。
こればかりはね~お土産って訳にいきませんものね。
次回お出でになった時は
イスタンブルでもベシクタシュとアタシェヒルで支店があるので、
ブルサにいけない時はそちらで是非。

美味しいですよ~。


管理者にだけ表示を許可する

トルコのニガウリ(kudret narı)は? «  | BLOG TOP |  » 明日から登録開始です

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。