topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒュッレム スルタンが使ったお皿が発掘される - 2012.08.11 Sat

こんにちは。

今日はエディルネ宮殿の発掘作業中に見つかった
お皿のお話を。

edirne harita
画像をクリックすると大きくなります。

エディルネ宮殿は
メフメト2世からスレイマン1世の時代に
エディルネの郊外に造営され、
森と草原と川に囲まれた
自然豊かな場所にあったことから
歴代のオスマン帝国の君主に愛され、
イスタンブルへの遷都後も
18世紀頃までたびたび君主が滞在しました。

イスタンブルのトプカプ宮殿に次ぐ
壮麗な規模を誇っていましたが、
度重なる戦乱で破壊され
1878年の露土戦争では
エディルネがロシアの手に渡るのではという懸念から
オスマン帝国の命により完全に破壊され、
現在では一本の塔と若干の廃墟が残るのみの、
牧草地となっています。

Harita 1 Edirne Sarayı
画像をクリックすると大きくなります。

2008年からレストレーションと発掘作業が行われていますが、
先日、歴代のスルタン達、
さらには現在トルコで話題のドラマ「華麗なる世紀」に登場する
ヒュッレム スルタンも使ったのではという
お皿などの陶器たちが出てきたそうです。

edirne saray002
写真はこちらからお借りしました。

エディルネはトルコタイル好きは
一度は訪れなくてはいけない聖地(笑)。
イスタンブルから日帰りでいけるところなのですが、
何故か私はまだ行ったことがありません。
今年中には是非訪れたいと計画中。

edirne saray001
エディルネ宮殿跡地から発掘されたタイル。
エディルネ博物館収蔵。
美しいですね~(惚)。

発掘されたお皿たち、
早く修復して公開してくれないかなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

● COMMENT ●

うわぁ~、明代の磁器ですねっ!
見たい、見たい、見たい!
Edirne は数回行って、もう行かなくてもいいかなと思っていましたが、
これらが展示されてるのなら、是非、又、行かねばです!
下のチニの緑は、ちょっと変わった色をしていますね。
エディルネ産なのかしら?

ciniciniさん

こんばんは、ciniciniさん。
でしょでしょ?みたいでしょ?
早く修復作業して公開して欲しいですね~。

下のチニは博物館の資料によると
エディルネ宮殿の壁のタイルで
17世紀ものって書いてあります。
エディルネ産のチニってあるんですか?

こんにちは。
エディルネといえば、オイルレスリングとジエールしか思い浮かばなかったのですが、
タイル好きの聖地だったのですか・・・。

イスタンブルから日帰りで行けるのなら、
案外近いのですね。もっと遠いのかと思っていました。

おはようございます。
エディルネ宮殿の造営初期は、エディルネに渡りの陶工さんが来てタイルを
作っていたそうですよ。
エディルネ宮殿造営中もナッカシュ達は集められていたでしょうしね。
でも、大量には作れないでしょうから、ほとんどはイズニックからの移送だったと
思います。

上の写真の赤。
17世紀にしては鮮やか過ぎますね。
産地年代はっきりしませんね。
(トルコの博物館の資料はイマイチいいかげんなので信用してないの。苦笑)

akdenizさん

こんばんは、akdenizさん。
エディルネはエディルネ ジャーミと
ムラディエ ジャーミなどのタイルが有名です。
イスタンブルからだと3時間ぐらいで行けそうなので、
涼しくなったらタイル見学とキャート ジエールの
2本立てていってみたいと思ってます。

ciniciniさん

こんばんは、ciniciniさん。
なるほどなるほど。エディルネでも窯があったんですね。
勉強になります。

タイルの画像は17世紀というよりは
16世紀の作品のように見えますが・・・。
エディルネへ行ったら
現物を見てきます。(^^)


管理者にだけ表示を許可する

ひえぇぇ~。 «  | BLOG TOP |  » 宇宙から?遺伝子操作?一体何の木?

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。