topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラディエ モスクのタイルデザイン:鍋敷きバージョン - 2011.08.27 Sat

1年目の教材の中にこんなものが入っていました。
nihale.jpg


私 「先生、これなんですか?」
先生 「Nihale。」
私 「はあ、Nihale・・・。なにに使うんですか?」
先生 「鍋敷きですよ。」

鍋敷き・・・どんなデザインにすればいいのだ?
まだ自分でデザインができないので、困ったぞ。
悩んで悩んで、結局手付かず、最後の授業まで放置。

ある日、タイルのデザインの本をそれとなくぱらぱらとめくっていていると・・・
ピピーン!
これ使えませんか?
これこれ。
Edirne Muradiye Cami001

エディルネにあるMuradiye Camiiのタイルです。
このデザインをこのNihaleの中に収めれば・・・。
デザインも私好みです。

まず、黒の絵の具で絵付けをしてから、
ターコイズブルーの絵の具を一面に塗ります。
Edirne Muradiye Cami003
焼成すると、
下から先に描いた黒の絵付けが出てきます。

で、出来上がったのがこれ。
Edirne Muradiye Cami002

結構いい出来具合?
ん?
あー失敗だぁ。
黒のべた塗りしたところが斑だらけ・・・。
均一な濃度で塗られていないため、見苦しい。

惜しげなく鍋敷きとして使うことにしよう。

エディルネのMuradiye Camiiのタイル情報は
- イスタンブル発 - トルコタイル通信さんで。
ここのタイルも素晴らしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

● COMMENT ●

上手く形のあうデザインを見つけましたね。
このデザイン、シンプルに見えるけど自分で考えようと思っても
絶対に思い浮かばない。素敵よね。
毎日の食卓にこの鍋敷きがあるなんてよいですなぁ~。

黒で絵付けをして、青い絵の具を塗ると
おっと不思議~こんなに素敵な絵柄が
浮き出てくるんですね。
面白いです。この青、いい!
鍋敷きで、使うなんて贅沢ですね!

ateliercinicinさん

あはは、でしょう?
やー本当にこの鍋敷きはどう料理するか
頭を抱えてたんですよ。
ムラディエのタイルのデザインは
どう頭を使ったって思い浮かぶデザインじゃないです。
鍋敷きは
写真ではあんまり分からないのですが、
siyah tahrirの使い方が上手くないんです。
こういう使い方したの初めてだったので、
仕方がないかなーと。(いいわけっす。v-413

boncuk*tileさん

黒で描いてtürkazの絵の具でこういう使い方をすると、
緑っぽいtürkaz色になるんです。
で、青で描いてtürkazの絵の具で同じことをすると、
なんともっと青っぽいtürkaz色になるんです。
おもしろいでしょう?
むふふ・・・どうです?
トルコタイルもやってみたくなりましたか?v-392

私はスペインタイルもやってみたいで~す。v-411

もちろん!トルコタイルやりたいです。
(実際、トルコタイルやりたくてチニ始めたんですぅ~)
絵の具の使い方を変えると、同じ絵の具でも色が
変わるんですね。おもしろ~い。

boncuk*tileさん

なるほど、トルコタイルがやりたくて・・・。
でも日本では難しいですよね、材料関係で多分。
スペインタイルでトルコデザインをやるのは、
デザインによってはちょっといただけないかな~。v-406
最近思うのですが、トルコのタイルって日本の水墨画とかの
筆遣いに似てるのかなって、
トルコタイルも線が命・・・。
トルコでスペインタイルできるのでしょうか?
これまた、材料の関係でできないでしょうね。

トルコへ帰国予定があったら、
チニチニさんで即体験入学ですね。v-410

うちの教室で、トルコのタイルのレッスンもあるので
それもあって、スペインタイル教室に通っているので~す。
(スペインタイル教室とかいいながら、トルコからポルトガル
イギリス・イタリア・ベトナム・・とまあ色々な国のタイルを
作っている教室ですので・・)
でも、やっぱり本場のトルコタイルを学びたいので
今度、訪土する時はチニチニ教室に直行です。
(イズニックやキュタフィアのタイルはやっぱり素敵です)

スペインタイルでもクエルダセカではなくて、マヨルカ技法
はトルコタイルに似ているので、作れるのでは・・と思いますが
やはり、トマト赤やターコイズブルーがなかなか絵の具に
ないので、あの色を出すにはやはりトルコの絵の具が必要ですね。
こちらのビスクでトルコの釉薬が乗るのか、是非やってみたいと
思っています。
(日本の土ではスペインの釉薬は乗らないのですが、同じ欧州・・
スペインのタイルにトルコの釉薬いけるんじゃないかしら?と・・)
トルコの材料で、クエルダセカ!出来るんじゃないかな?
昔、クエルダセカはトルコタイルで使われていたらしいから
チニチニさんがご存じではないかと・・・
是非、やってみてください。

boncuk*tileさん

色々なタイルを作るんですね。
面白そう。
土と絵の具の相性って難しいですね。
日本の土にスペインの釉薬って乗らないんですか?
トルコの土で日本の釉薬とか下絵の具を試してみたかったんですけど、
難しそうかな。
クエルダセカをここでできるのなら試してみたいです。
チニチニさんに今度聞いてみます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/23-49d7a184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トルコにある材料で手毬をつくってみました。 «  | BLOG TOP |  » ブルーモスクの2階のタイル

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。