topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sorkun村の土鍋? - 2011.08.23 Tue

去年、アンカラからの帰り道に
Bercesteという自然食品販売&休憩所へ拠りました。
そこで、土鍋(güveç)を購入。

donabe001.jpg

中が真っ黒。コールタールを塗ったみたい。
本当に使えるのか~?
donabe002.jpg
で、今年の夏に入ってから覚悟を決めて使ってみました。
(ほぼ一年放置・・・。)
8人分のギュヴェチに挑戦。
(ただ単に材料を突っ込みオーブンで焼くだけという料理に惹かれただけです。)
かさばる材料はちょいと炒めて突っ込む突っ込む。
料理嫌いなので詳細は省略させていただきます。
オーブンに入れて1時間半。かなりおいしくできました。(本当か?
が、料理はここで置いておいて、本題に入りましょう。

この料理を作ってから数日後、イスタンブル的陶芸生活の鉄平さんが
女性ウスタの村で作られる土鍋の話を・・・。
え?それじゃあこれもSorkun村の土鍋?
鉄平さんもう数日早く、この話書いてくれたらよかったのに・・・
包装紙捨ててしまったじゃあないですか。
2回薪で焼きしめしたのと洗剤で洗うなという注意書きは読んだのに、
どこで作られたのかは注意してみなかった。とほほ・・・。
(単なる八つ当たりです。お気になさらずに・・・。
Kanal B(バシュケント大学所有)のEllerin Türküsüという番組があります。
色々なトルコの伝統手工芸を紹介している番組で、
以前Sorkun村の番組を見ていたくせに気がつかなかった私が悪いのです。
(鉄平さんのサイトにこの番組の動画があります。)

さて、鉄平さ-ん、これは実のところSorkun村の土鍋なんでしょうか?
(何でも鑑定団みたいになってきました。さて結果はいかに・・・?)

これはカリデス ギュヴェチ用に買ったものです。
donabe003.jpg
土鍋の中がこのようにつるつるだったら、
最近冬には白菜や生しいたけが手に入るようになったので、
鍋か湯豆腐してみようなんて考えていたのですが・・・。

そういえば、日本食材を買えるところが増えてきました。
日本から送ってもらうことを考えれば物凄く楽に。
私は豆腐、うどんのつゆ、うどん、そば、みりん、みそなどここで買っています。
SERKO GIDA
豆腐がCarrefourで9・5TLぐらいの時、ここでは4・5TLで買えました。
ヨーロッパで見かける森永の充填豆腐(長期保存可)です。
いまはちょっと値上がりしているかもしれません。
150TL以上買い物するとイスタンブル市内なら料金引き換えで家まで送料無料で配達してくれます。
他にも何軒かありますが、それはまた後日。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ

● COMMENT ●

どーもどーも土鍋鑑定団です。
zeytinさんが買われたgüveç、写真写りでそう見えるのか分かりませんが白土っぽくないですか?
Sorkun村では白土を混ぜてるとは言っても基本が赤土なので、もっと赤っぽく焼けるのでは
ないかなと思うんですよね。
まあ僕も実際にSorkun村の土鍋の実物を見たことがないので、断定はできませんけど。。
それにしても見事に真っ黒に炭化焼成してますねえ。
工業製品が氾濫している昨今に、“おれは生粋の手作りものだぜ”って主張が眩しい!
料理もおいしくできそうですよ!

teppeiyama鑑定団長さま

実際はもっと赤いので写真を修整しました。
実物はまだもうちょっと赤っぽいです。
でもなぜ内側に釉薬とか塗らないのでしょうか?
そのほうが使いやすいのではと考えるのは
素人考えですか?
洗剤で洗うなというのは成分を吸収しちゃうのでしょうね。
料理はおいしくできますが、大きいので大人数用です。
sorkun村の女性が一生懸命作ったものでしょう(たぶん)、
大事にしようと思います。

本当にこのお鍋を使った4,5日後に
teppeiyamaさん、sorkun村の話を書かれたのですよね。
買ってから1年もほったらかしにしてたのに・・・。
なんかドッキリしました。はい。

>でもなぜ内側に釉薬とか塗らないのでしょうか?
まず野焼きをしている時点で釉薬は無理なんですよね。
野焼きの火力程度では釉薬は溶けません。

釉薬を使った土鍋となると窯で焼くしかないわけでして
そうなるとSorkunのözellikが無くなっちゃうますね^^

Sorkunの女性が丹念に作った土鍋、大切に使ってください。。

teppeiyamaさま

そうですよね。野焼きでした。
逆さまにして焼かれていますし、
釉薬は無理ですよね。
馬鹿な質問をしてしまいました。

大事に使います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/21-40b3d56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブルーモスクの2階のタイル «  | BLOG TOP |  » 愉快な訪問者 その4 ジャッカルが来たぞ!

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。