topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイルの絵付けで一番嫌いな作業 - 2012.02.28 Tue

タイルの絵付けで一番嫌いな作業はというと、
それは下絵の穴あけ。
永遠と続く地獄の時間・・・。

2802201205.jpg
これ、現在の下絵です。
トレーシングペーパーに鉛筆で書いたもの。
2802201204.jpg
これを菩提樹の木板の上に置き、
針で鉛筆の線の上をひたすら、
プチプチと穴を開けていきます。
やってもやっても終わりません。
目はしょぼしょぼしてくるし、手首は痛くなってくる。
穴あけが終わった時点で燃え尽きることでしょう。

一向に終わらないので、ちょっと愚痴を・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

● COMMENT ●

こんばんは。
下絵に穴をあけながらですか??
タイルに鉛筆で描いて行くのじゃないんですね。
・・・なんだか作り方を勘違いしていたみたいです。

一昨日まではぐっと寒くて雪が降っていましたが、
今は、雨。今年の冬はなかなか終わりそうにないですね。
もう3月間近だというのに。

有田では下絵の紙の裏から線を黒絵具でなぞって、その紙を器にすりすりして
下絵を転写するんですが、黒絵具のノリが悪くなるとまた裏からなぞって・・・
という方法をやってました。
チニの転写のやり方のほうが1回針で穴を開けたらずっと同じように使えるから
ずっと効率いいですよね。
有田の人に教えてみようかしらん。

ファイト~

穴あけ・・・私も嫌いです。(はっきり宣言)
細かい絵柄になると、もう始める前からグッタリ気分で
取りかかります。
細かいと、線と線との間隔や交わりなども気にしながら
開けて行かなければならないし、結構頑張って開けたのに
実際はあまり意味のない穴あけ(細かすぎて・・)だったりと
なかなかハードな作業ですよね。
なんたって、手首がシンドイ。
でも、穴あけ終わっていざ絵付け!となると、俄然楽しく
なってくるんですけれどもね・・・(*^_^*)
トルコでは菩提樹の木を下に引くんですね。
私は、コルク板を引いて穴を開けています。

そうそう、Teppeiさんがおっしゃるように、一回穴を開けた
トレーシングペーパーが出来てしまえば、次はそれをまた
使えばいいから、次からは楽ちんかもしれません。
出来たトレペは大事なお宝です!
穴あけ頑張ってくださいね!私も、頑張りま~す。(T_T)

akdenizさん

こんにちは。
鉛筆で直接書いてもいいのですが、
濃く描いたりすると仕上がりが汚くなったりしてしまうのです。
炭の粉でトレーシングペーパーの上から
下絵を転写すると何回も同じものが作れるし、
高温で焼くので炭は焼けてなくなると言うわけです。

まだまだ今年は寒い日が続きますね。
でも、暖かくなったり寒くなったりするので、
病人が続出で困ります。v-406

teppeiyamaさん

こんにちは。
有田の下絵写しって面白いですね。
でも、大変そう?
チニの転写のほうが同じものを作るには
効率がよさそうですよね。
試してみる価値ありそうですが・・・。

boncuk*tileさん

こんにちは、
穴あけつらいですよねぇ。
http://izniktile.blog.fc2.com/blog-entry-151.html
これを作ったときは、血管が切れそうになりました。
昔から菩提樹の木板が使われていたそうで、
手首は疲れますが大変小さくきれいな穴が開きます。
最初習った頃は発泡スチロールやエアーシート(プチプチ)を
使うように言われたのですが、
気をつけないと穴が大きくなりすぎると言う欠点がありました。
菩提樹は丸太からわざわざ切り出してもらいました。
日本だったら売っているんでしょうけどね。
スペインタイルはコルクなんですね。

ボンジュクさん、地道にお互い穴あけ頑張りましょう。
ファイト~!オ~!v-218

私、この作業大好き!
頭カラッポになって気持ちいいですもん。
私はカッティングボードを使っています。
程よい硬さなので穴は小さく開いて、手も疲れない。
私はこれがお気に入り。

確かに、リュステムパシャのタイル画はシンドそうです。
細かさもそうですが、枚数もありますもんね。
お疲れさまでした。
ジャーミのタイルなんて、どれだけの数の穴を開けて
作られているのか~と思うと、ウスタ達の努力に頭がさがります。

ciniciniさん

こんにちは、ciniciniさん。
好きな人は好きなんだろうなとは思っていましたが、
ciniciniさんは好きなんですね。
わたしはどうも駄目です。
肉体的に無理が出てきます。
肩こりに目の疲れがひどくて
朝起きると、肩が上がらず、目がかぴかぴに。
日本の目の疲れ用目薬がほしい~。v-406

カッティングボードの木の種類は何をお使いですか?

boncuk*tileさん

こんにちは、boncuk*tileさん。
当時は穴あけ用の細い針を
作るのも大変だったのでは?
と、素朴な疑問があります。
暗いと作業も出来ませんよね。
昔は大変だったんだろうなぁと思います。

カッティングボードはまな板じゃなくって、
カッターナイフで切る時に下にひいて使うゴム製のものです。
たいてい、緑色をしているアレですが、こんな説明で分かるかしら?

ciniciniさん

わかりました。
カッティングマットとカッターマットとか呼ばれている
緑のゴム板ですね。
うちに何枚か日本から持ってきたのがあります。
即、試してみます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/178-004caf24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ストレスはありますか? «  | BLOG TOP |  » また、雪ですねぇ。

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。