topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてもいないし・・・死んでもいない? - 2012.02.23 Thu

オポッサムと言う動物は死んだふりをすることで有名。
Opossum.jpg
Wikipediaより
死んだふりをしているのですが、本当に死んでいるみたいです。

上の写真だけを見ると気持ちが悪いのですが、
本当はこんな動物。有袋類です。
Opossum02.jpg

でも、今回は死んだふりのお話ではございません。
今日のニュースで、
VANにお住まいの子どもが9人、孫が7人いるという
64歳のおばあさんの身の上におこった出来事。
血圧と糖尿病の薬を買いに行ったら、
誕生日が2018年と登録されていることが判明。
まだ生まれていないので薬は売れませんねと言われ
薬を買えませんでした。
ありえないお役所ミスです。
オリジナルのニュースはこちら

さて、このニュースを読んで、
こんな小説を思い出しました。
Aziz Nesinと言う作家のYaşar Ne Yaşar Ne Yaşamazと言う小説です。
主人公Yaşar Yaşamazの出生証明書がない為がゆえにおこる身の上話。

小説の一節に
「学校へ入学したいときは死んでいて、
軍へ行くときは生きていて、
父親の税金を払うときは生きていて、
遺産をもらうときは死んでいて・・・・・。」

というくだりがあり、げらげらわらいながら
昔はこんなことも起こりえたのかと思ったものでしたが、
未だに小説と同じようなことが起こるとは!

こちらにこの小説の朗読があります。
面白いので聞いてみてください。
映画化や舞台化もされています。

なんにせよ、早くおばあさんの出生証明書を直して
薬を買わせてあげて欲しいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

● COMMENT ●

オポッサム??
初めて見ました。まるで、妖怪みたい。怖い~

小説の話、面白いですね。でも、実際にこういうこと
トルコじゃ日常茶飯事って感じ。

でも、ワンのおばあさんの話しは笑い話じゃ済まされませんよね!!
糖尿病と血圧じゃ、一時を争うもの。
早く、何とかしてあげてー

ラム子さん

こんにちは、
普通にしている時はそんなに変な動物じゃないのですが。。。

小説面白いので、是非朗読聞いてみてください。
短いお話です。

それにしてもVANのおばあさんのお話、
ありえませんね。
64歳なのにまだ生まれてませんて
どういうことでしょ。
こういうときは臨機応変に対応してもらいたいです。
どう考えたってご本人のミスではないのですから。
もし私の身の上に起こったら・・・
暴れてますね、きっと。v-412

わたしもオポッサムを初めて見ました。
オオカミ系ですか?

トルコだと、あり得る話ですよねぇ~。
しかも、役所のミスでも、悪いのは本人って感じで対応されそう。
今じゃ、ちゃんと出生届を出さなきゃダメなんですよね?
(昔はアスケルの時期を兄弟で調整のため、数年出すのを遅くしたりってやってましたけど)

ANAの荷物50キロOKってのは、凄いですよねぇ~。
この前は、マイレージでタダだったから使ったけど、日系は高いから自分じゃ買わないと思います。
しかも、イスタンブルからのトルコ国内線が20キロ制限だし・・・超過30キロ?
炊飯器は、いつも買っていこうか?って悩みます。
あれば便利だけど、なくてもなんとかなるし・・・それ以上に欲しいモノがたくさんあるし。

akdenizさん

こんばんは、
有袋類の動物なんですよ。
本当の姿の写真を載せておきました。
結構可愛いと思うのですが、いかがでしょう?
あはは。。。

登録されている誕生日と実際の誕生日が違うと言う人
多いですものね。
昔ご先祖様が苗字の登録のときも間違えて
登録されたって言う人も知り合いにいます。

炊飯器は我が家は必需品なんです。
大食いがいるし、タイマーがやっぱり便利。
昔は鍋で炊いていましたが、
時々火加減を間違えたり忘れたりということがあったので・・・。
もうちょっといい炊飯器が欲しいです。v-398

このオポッサム・・・怖すぎる。
せめて口を閉じて死んだふりしてくれ~
余りにリアルに演じすぎです。(笑)

出生証明書のトラブルは、今でこそ減ってはいるだろうけど
20年前ぐらいはまだまだ、たくさんありましたから
星占いとかやっても、占いが良くない内容だと
「まあ、実際この星座じゃないかもしらないしね」と、言ってましたっけ。
しかし、2018年って薬局の人もわかるだろうに。
目の前のおばあちゃんに、薬売れませんなんて・・・酷だ。
早く薬が手に入るといいですね。
そうそう、飛行機の手荷物重量。
最近TKでも厳しくなって、1㌔過ぎても超過料金しっかり
取られます。
昔なら少しなら多めに見てくれたのに・・・

こんばんは。

上の死んだふりの方の写真、手の開き方が
なんか演技がかってるようで笑ってしまいましたe-454

どう考えてもお役所のミスなのに、薬屋さんも融通きかない気もします。。

boncuk*tile さん

こんばんは、
口をあけて、舌を出しての死んだまねが
オポッサムのアカデミー賞クラスの演技力。

おばあちゃんには薬ぐらい売ってやれよといいたくなりますね。

1キロぐらいいいじゃんと言えなくなってきたところが
つらいですね。

damlaさん

こんばんは、
確かにdamlaさんのご指摘のとおり、
手もなかなか演技力ですね。
リアリティーをとことん追求しています。

日本でもこういうミスってあるんでしょうかね?

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/171-2093a41d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あ、いいね。地下鉄駅のタイル画 «  | BLOG TOP |  » 仲良きことは美しきことかな

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。