topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハタイ 息を吹き返えせるか 絹織物 - 2012.02.09 Thu

turkey map hatay
地図はクリックしていただくと大きくなります。緑のところです。

前回に続き今回も絹織物です。
今日はハタイ県サマンダーから。


サブリ親方は50年近く絹の手織りを生業としている
サマンダーの最後の親方。
サマンダーの手織り機もこれが最後の一機。
機械織りはされているようですが、
やはり手織りに勝るものはないのではないでしょうか。

ここでは述べられていませんが、
最近では「Bir usta bin usta.」と言うプロジェクトがあります。
訳すと「一人の親方から1000人の親方を。」
ハタイの絹織物も復興に向けてこのプロジェクトに参加しているようです。
早く織り手さんが増えて
いろいろなところから機織り機の音が聞こえてくることを祈ります。




さて、ビデオの続きは
養蚕にも力を入れ始めたサマンダーでは
女性達がまた違った作品を作り出しています。
それは蚕の繭を天然の顔料で染めて作った可愛いコサージュや壁飾りなど。
hatay ipek
どうですか?可愛いですね。値段も安い!
イスタンブルではまだ販売されているのを見たことがありません。
売っているところってあるのでしょうか。

蚕の繭は織物に使うものは中にまだ蚕の成虫が入ったままつかわれるそうです。
ですから、卵をとるために成虫が繭から出てしまったものは織物には使用できないので、
それを再利用する為なのでしょう。

さて、さすがわが日本。
こんなサイトがありました。
繭・カイコ販売専門店 里山のクラフト便り
繭玉からの花の作り方や雪だるまの作り方などがあります。
作ってみたい・・・。

ついでに・・・
機織りの知識などまったく無いので、
それでは日本の絹織物はどのような風に織られているのかなと
結城紬のビデオなど見てみました。

何もいえません。
日本の手仕事の丁寧さは本当に素晴らしいです。

どんどん、話が脱線してしまいました。
今日はこの辺りで・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/160-3202fbb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寒い・・・。 «  | BLOG TOP |  » イスタンブルは今日も雪・・・今年は寒い日が続きます。

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。