topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産のネムルト山 - 2011.12.26 Mon

むかーし、むかし。
ネムルト山と言うところへ行きました。
余りの遠さと当時の交通の不便さから、
よろよろになりながらの道中ではありましたが、
遺跡の素晴らしさと夜明けの美しさに言葉もなく・・・。

nemrut001.jpg
まだ夜明け前なので辺りが暗い。
nemrut002.jpg
夜明けまで秒読み・・・・。
nemrut003.jpg
夜が明けました。

当時はデジタルカメラなどと言う便利なものはありませんでしたので、
好きなだけ写真を撮るということも出来ず、
お見せできる写真は残念ながらこの程度でございます。


ネムルト山と墓の謎
こちらはトルコ語ですが、よろしければどうぞ。

世界遺産のネムルト山ってどんなところ?という方はこちら

どうやって行ったかというと、
イスタンブルからアンカラへ。
そこからひたすら車で南下しアドゥヤマンへ。
アドゥヤマンから72キロのところにネムルト山はあります。
見所は夜明けということで、
外国人旅行者が寝袋でごろごろと転がっておりました。

機会があれば、もう一度是非行きたい所です。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

● COMMENT ●

こんばんは。
ネムルト山は、わたしも随分前に1度行っただけです。
マラティアから1泊のツアーに参加したはず(本当に大昔で忘れちゃいました)。
今は、もう少し行きやすくなっているのかな?

大昔に行ったトコって、もう一度行き直したいですよね。
なんか、随分変わっていそうな気がするし・・・。

zeytin

こんにちは。akdenizさん。
最近何故か前に一度行ったところにもう一度行って見たいのです。
昔はインターネットなんて無かったですから、
これほど簡単に情報が手に入るわけもなく、
何の知識もなくざっとしか見て無かったですから、
今は前とは違った目で見られるような気がいたします。

ただ、遠いですね・・・。v-406


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://izniktile.blog.fc2.com/tb.php/113-e4157e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トルコが親日国の理由 «  | BLOG TOP |  » 預言者のらくだって・・・。何の虫?

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。