topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛すぎて履けないな・・・。 - 2013.06.25 Tue

タイル絵付けのクラスメイトのSさんが
それはそれは可愛らしいパティック(手編みルームシューズ)をくれました。

patik001.jpg

お母さんが作られたそうです。
Sさんはとても繊細で流れるようなタイル画を描かれるのですが、
手先の器用さはお母さんからですね。
こんな可愛らしいパティックはみたことがありません。

patik002.jpg

白いお花も一個一個手作りです。

勿体無くて履けないな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
スポンサーサイト

イスタンブル・フェスハーネ伝統工芸と手仕事展覧会のお知らせ - 2012.05.31 Thu

genel-sergi-15nci-icerk.jpg

今年のイスタンブル・フェスハーネ伝統工芸と手仕事展覧会が
5月5日からはじまります。
大変大きな展覧会で沢山の作品が展示されます。
販売もあります。

会場 : FESHANE Kültür Merkezi
住所 : Eski Feshane Caddesi Defterdar Durağı EYÜP/ İSTANBUL
電話 : 0 212 501 73 26
地図(クリックすると拡大します。)
genel-sergi-15nci-harita.jpg

トルコの伝統工芸や手工芸に興味のある方は是非どうぞ。

僭越ながら私のタイル画も出品しております。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

展覧会のお知らせ(ウスキュダルにて) - 2012.05.12 Sat

展覧会のお知らせです。
BİR GÜLÜN EŞKALİ, MEŞK HALİ

BİR GÜLÜN EŞKALİ, MEŞK HALİ003
BİR GÜLÜN EŞKALİ, MEŞK HALİ002

会場 : BAĞLARBAŞI TÜRK İSLAM SANATLARI İHTİSAS MERKEZİ
      ULAŞIM MÜZESİ
住所 : SELAMİ ALİ MAH. ESKİ BAĞLARBAŞI İETT GARAJI / BAĞLARBAŞI
電話 : 0 216 334 91 28

AÇILIŞ KOKTEYLİ:
16 MAYIS 2012- SAAT 18:00

BİR GÜLÜN EŞKALİ, MEŞK HALİ004

展示はトルコ伝統工芸の作品のみとなります。
これらの作品は来月開かれる、イスタンブル・フェスハーネ(FESHANE)、
伝統工芸や手仕事の展覧会でも見ることが出来ます。
こちらはまた後日ご紹介します。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ブルサ 失われる伝統 絹織物 - 2012.02.08 Wed

turkey map bursa

ブルサと言えば昔は絹織物が有名であったと聞きます。
中国製品やナイロン製品に追われ
いまや見る影も無く・・・。
2007年にブルサで最後のdevdahhane(糸つむぎ工房)が
200年の歴史とともに幕を閉じました。
トルコ語でdevdahとはペルシャ語から来ており
繭の先端をとるという意味だそうです。
糸つむぎから整経までの過程を受け持つ工房です。

ipek.jpg


「一つの伝統の技が消えると複数の伝統の技が消える。」
と書かれていたのをどこかで読んだことがあります。
絹織物が廃れ、次に糸つむぎ工房も閉鎖・・・。





Produced by Ayse Oksuz Kanal B Ankara - Turkiye
Camera: Sacit Altun
Editing: Nehir Seref
Masters: Mehmet Oksuzler / Huseyin Yilmazer / Mustafa Sen
Bursa - Turkey
Release Date: August 6, 2006

英語の字幕つきです。

ビデオはこの最後の糸つむぎ工房の
4代目の親方Mehmet Öksüzler氏のドキュメンタリーです。
2006年の放送ですから、その一年後工房を閉めたようです。
そのときの新聞記事はこちら

絹と言うと何故か特別な思いに駆られます。
憧れというかなんと言うか・・・。
理由を聞かれてもはっきりとした理由が言えるわけではないのですが・・・。
こうした伝統工芸は是非とも残して欲しいものです。


ブルサで絹織物の工場生産品は生産されていると思います。
情報不足はご容赦を。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

女王様の宝飾デザイナー - 2012.02.02 Thu

トルコでは天然石は人気があるのですが、
宝石を購入する人は少ないと思います。
宝石を買うよりは
金を買ったほうが良いと考える人が多いためでしょうか。
トルコでは金を買って貯蓄するのが一般的です。
トルコの宝石普及が遅れた理由は、
1939年にトルコリラの保護のため
宝石や鉱石の採掘と加工、販売を禁止する法律がだされたためでした。
この法律は50年後、1987年になくなりました。
こうして、最近は金だけではなく宝石を扱う宝飾店も増えてきました。

宝石を扱う宝飾デザイナーはトルコではまだ少ないと思うのですが、
そんな中でイギリスのエリザベス女王や日本の皇后美智子さまの
宝飾を手がけた人がいます。

Avedis Kendir06
その人はこの方、Avedis Kendir氏。
この船は10年かけて作ったコロンブスの船の模型。
5キロ金, 21キロ銀, 3万ドルの37.26カラット宝石と1.6カラットのルビー使用。
26万ドルの材料費がかかったそうです。
売るとなるといったいいくらになるのでしょう。

さて、彼の作品はというと・・・。
Avedis Kendir01

Avedis Kendir02

Avedis Kendir03
この靴は日本円で約370万円。
Avedis Kendir04

Avedis Kendir05
他にもElizabeth Taylor, Barbra Streisand, Minnie Driver,
Jennifer Aniston, Beyonce, Christina Aguileraなどの
スター達もお買い上げしたそうです。

彼の出演した番組です。
興味のある方はどうぞ。MUHALLEBİ KRALI(Okan Bayülgen)

当方一生縁のなさそうな世界ですが、
何故トルコで宝石が余り普及していなかったのか
謎が解けたということで・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

zeytin

Author:zeytin
Zeytinと申します。
トルコと関わり二十数年。
イズニクタイルに魅了され、
ただいま絵付けの修行中。
だらだらとした日常を返上し、
日に月に進歩したいものです。
(あくまで願望・・・)
誤字脱字ご容赦。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

Photo Gallery

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
・はじめまして (0)
・トルコタイル チニ(Çini) (0)
 ―タイル画 (46)
 ―オブジェ (14)
 ―絵付け皿 (13)
 ―絵付けデザイン (7)
 ―材料 (6)
・展覧会 セミナー (22)
・陶芸 (5)
・トルコ伝統工芸・手芸 (15)
 ―ヤズマ(トルコの木版染め) (15)
 ―ケチェ(トルコの羊毛フェルト) (17)
 ―キリム・絨毯・織物 (2)
 ―石鹸 (1)
・その他手工芸 (7)
・トルコの博物館・旅行・モスク (24)
 ―イスタンブル(İstanbul) (40)
 ―エディルネ(Edirne) (8)
 ―ブルサ(Bursa) (3)
 ―イズミト(İzmit) (1)
 ―キュタフヤ(Kütahya) (1)
 ―チャナッカレ(Çanakkale) (2)
 ―ベルガマ(Bergama) (1)
 ―コンヤ(Konya) (1)
 ―アイドゥン(Aydın) (1)
 ―ボル(Bolu) (1)
 ―サフランボル(safranbolu) (2)
 ―チャンクル(çankulu) (1)
・トルコ日常 (182)
・愉快な訪問者 (10)
・面白い話 (20)
・日本日常 (6)
・日本の文化 (4)
・我が家の女王様(猫です) (33)

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

ワンクリック募金

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。